食べても太らない食品とは?低GI値食品の力とは?

 

『食品によって脂肪のつき方が違うって本当?』
『たくさん食事をとっても太りにくい人はなぜ?』
『血糖値の上下がダイエットに関係しているの?』

 

皆さんの周りにはたくさん食べていても太りにくい人はいませんか?
運動をやっている可能性もありますが、食べ物の選び方にポイントがあるのかもしれません

 

逆に少ししか食べていないのにどんどん太ってしまう人もいます
この違いは一体何なのでしょうか?


太る太らないの違いはGI値

 

私達は食事を取ると血糖値(血中のブドウ糖の濃度)が上昇する仕組みになっています
脳は血糖値の上下によって空腹感や満腹感の信号を出しています

 

しかし、血糖値が上昇しすぎると糖尿病などを始めとする様々な病気にかかる恐れがある為、体内ではインシュリンと呼ばれる血糖値を下げるホルモンを分泌します
インシュリンは血糖値を下げる以外に脂肪を作る役割があり、ダイエットの観点でも非常に大切なポイントとされています

 

つまり、血糖値の上昇が急激な食品ほど脂肪が作られやすく逆に血糖値の上昇が緩やかな食品ほど脂肪が付きにくいというわけです
この血糖値の上昇具合を表した数値がGI値(グリセミックインデックス)と呼ばれる数値です

 

一般的にGI値は70以上で高GI値食品(脂肪が付きやすい)、55以下で低GI値食品(脂肪が付きにくい)とされています
たとえカロリーが同じでもGI値の違いによって体につく脂肪が大きく変わってくると言うわけです

 

高GI値食品の代表は主食である炭水化物や糖分を多く使用したお菓子やスイーツなど
低GI値食品の代表は野菜類全般、魚、赤身系のお肉などです
ただ、低GI値食品の中でもさつまいもやじゃがいもなどGI値が高い食品がありますので要注意
(食品ごとのGI値はネット上でGI値一覧と言う風にググって見ればたくさん出てきます 笑)

 

一般的なダイエットとして定着した糖質制限ダイエットなどは高GI値食品である炭水化物などを制限することでカロリーに関わらず脂肪の生成を少なくすると言うわけです

 

しかし、『主食抜きのダイエットなんてずっと続けるのは無理!』と言う方も多いと思います
糖質制限で慣れてしまえば主食が無くても問題ないという方もいらっしゃいますが、実際にそこまで頑張れる人は稀です
今まで毎日食べてきたお米などの主食を抜くと言うのは中々ストレスも掛かりますし、おかずばかりだと金銭的にも負担が大きくなると思います

 

そこで、おすすめなのが低GI値食品としての炭水化物です
実は炭水化物全てが高GI値食品と言うわけではありません
中には低GI値食品に分類される食べ物があるんです

 

雑穀米、玄米、金粒粉パン、ふすまパンなどです
これらのGI値は55以下とされており、脂肪が付きにくい食品
特におすすめは雑穀米

 

雑穀米は白米に市販か自身でブレンドした雑穀を入れて炊くだけと非常に手軽な上にビタミン、ミネラル、食物繊維、カルシウムなどの白米にはほとんど含まれていない栄養素も非常に多く含んでいます
おしゃれなカフェなどでも雑穀米が出ることが多くなっていますので食べたことがある方も多いかもしれません
また、雑穀米は白米に比べて噛み応えがありますので咀嚼回数も増えて少量で満腹感を得ることが出来るんです

 

痩せたいけれども食べる量は出来るだけ減らしたくない…
無理な食事制限はリバウンドするのでしたくない…
と言った方は1度GI値に注目して主食やおかずを選んでみてはいかがでしょうか?